主婦でもできるイデコとは

イデコについて知ろう


イデコ(iDeCo)とは、個人型確定拠出年金ともいい、2017年1月から、20歳以上60歳未満のすべての人が加入できる年金制度です。私的年金ですので、基本的には自分自身で管理します。同じ私的年金でも、保険会社などにかけるものは、個人型年金といって、資産の運用責任は保険会社などにあります。イデコに加入する最大のメリットは、掛け金、運用益、そして受け取り、それぞれに税制上で優遇措置があることです。通常、資産運用で得た利益に対して20%の税金がかかりますから、これだけ見てもメリットは大きいですよね。一方、気をつけたいのは、イデコは年金ですから、受給できるのは基本的に60歳以降となります。また、資産運用にはリスクも伴いますので、運用次第では元金の保証がされないことも覚えておきましょう。とはいえ、イデコには安心の貯蓄型もありますので、イデコを扱う金融機関に相談してみると良いでしょう。


主婦でも加入できる?


2017年1月以降は、主婦もイデコに加入できるようになりました。イデコのメリットのひとつである、掛け金の全額所得控除については、収入がない専業主婦には関係してきませんが、パート勤務する主婦は、掛け金を所得控除してもらうことができます。掛け金の上限は専業主婦と同じ23,000円で、年間にすると276,000円が所得控除になります。夫の扶養で働く主婦は、配偶者控除の適用枠である、年間所得150万と、社会保険加入条件である130万(規模が従業員500人を超える企業は106万)を意識して働く方が多いですが、イデコに加入して年金を積み立てることで、その分には税金がかからないわけですから、税金対策になるだけでなく、同時に老後資金の準備もできるわけです。60歳って、遠いように感じる方もいるかも知れませんが、案外すぐにやってきます。公的年金だけでは心もとない、という方は検討してみてはいかがでしょうか。