あなたは知っている?個人型確定拠出年金で賢く節税

支払う所得税があるなら節税になる


サラリーマンはあまり所得税を払っている感覚がないかもしれません。自分で確定申告をしないので、税金をどれくらい払っているか認識していない人もいます。住宅ローンを利用している人は住宅ローン減税などがあるので所得税がゼロの人もいます。それ以外の人で所得税を支払っているなら、個人型確定拠出年金を利用してみましょう。個人型確定拠出年金でお金を拠出するとき、このお金はすべて所得控除になります。社会保険料なども支払った額すべてが所得控除になりますが、同様の節税効果があります。拠出をするといっても将来的には自分が年金として受ける資産です。自分で個別に定期預金をしても所得控除にはならないので、利用して税金を減らした方が得です。


利益が出ても税金がかからない


投資信託を購入すると、分配金をもらえたり売買益が得られたりします。これらは所得になるので、所得税が課税されます。利益分に対して約20パーセントの税金が課されます。1万円の利益であれば2千円ぐらいの税金ですが、10万円の利益なら2万円、もっと大きくなればそれだけ税金も多く徴収されます。決まりとはいえ、払わないでいい方法があるなら選択した方がいいでしょう。個人型確定拠出年金制度を利用して投資信託を購入したとき、分配金を得ても売買益が得られても所得税は課税されません。課税されるはずの税金がそのまま資産として残ります。一旦売却をして利益を含めて再投資すれば、より節税効果が大きくなります。節税で増えたお金を将来年金として受け取れます。